July 31, 2016

【EVENT】8/24(水)19:00 本棚編集術×富田林寺内町 「まちの本屋の本棚」

スタンダードブックストアあべの本棚編集術
第5回 まちの本屋の本棚 with 富田林寺内町


本棚編集術共通ビジュアル

2016年8月24日(水)19:00~
@スタンダードブックストアあべの カフェスペース

4月から開催中の、本棚編集術と富田林寺内町「大阪にもこんな町があったんや!!」コラボ企画。
陶工房飛鳥 阪本さんと寺内町クラシコ 桑平さんをゲストにお迎えし、スタンダードブックストア代表 中川と、あべの書籍担当 北村の4名で、「まちの本屋の本棚」について語ります。「本棚を考える≒本屋を考える≒まちを考る」。「本屋」と「まち」のこれからを考える企画です。
速報など最新情報はTwitterで!
9720ec408b19c5d37a8367ba90474729-300x205

『これからの本屋』(北田博充著・書肆汽水域刊)にスタンダードブックストア代表中川が寄稿したエッセイ「スタンダードブックストア 代表・中川和彦氏が空想する「夢の本屋」」は、実は富田林寺内町の最寄駅、近鉄南大阪線富田林駅やその周辺をイメージして書かれたものです。文中で語られるのは「駅長の本棚」ですが、それが、寺内町でいろいろな活動やお店をしている、例えば○○さんの本棚がある、そんなまちの本屋が実際にあっても面白いのではないか?」という話になり、実際にそんな本棚を作ってみようということになりました。題して「夢の本屋ブックフェア」<開催期間8月1日(月)~8月31(日)>。※詳細は近日ご紹介予定です。
企画当初にイメージしていた以上に、棚それぞれに、選んだ方が垣間見える、面白い本棚ができあがりそうで、日々本屋として棚に向き合っている私たちは、逆にとても身の引き締まる思いがしています。

Jinaimachi_Image

(写真 双羊舎)

今回の本棚編集術では、当店書籍担当北村が、「夢の本屋ブックフェア」にご参加いただいたみなさんの選書を受け、「空想・富田林寺内町の駅前の本屋」の本棚を編集します。スタンダードブックストアあべのの本棚とは、また一味違った棚になると思いますが、その「同じ部分」と「違う部分」を楽しんでいただきたいです。
そして「夢の本棚」にもご参加いただいた、ゲストの阪本さん、桑平さん、「夢の本屋」発案者である代表中川、北村の4名が、縦横無尽に語る、「本屋」と「まち」。どんな「これから」につながっていくのか?は当日をお楽しみに!皆様のご参加を心よりお待ちしております。

============================
『スタンダードブックストアあべの本棚編集術
第5回 まちの本屋の本棚 with 富田林寺内町

ゲスト 阪本光枝(陶工房飛鳥)
    桑平麻由子(寺内町Classico)
   
【日時】2016年8月24日(水) 19:00~20:30
※18:30よりお席にご案内いたします

※開場時間は諸事情により変更になる場合がございます。適時twitterにてご案内致します。
※開場後、チケット右下に記載の番号順にお席にご案内いたします。
※開場時間にいらっしゃらない場合は、後の番号の方をお先にご案内いたします。ご到着時にご入場いただきますので、予めご了承ください
※会場内は自由席です。

【定員】50名※要予約

【参加費】
1,000円(1ソフトドリンク付き)
※ご参加にはご予約・及びチケットの精算が必要です。

【会場】 
スタンダードブックストアあべの カフェスペース
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-30 Hoop 6F
TEL 06-4703-5881 
■営業時間:11:00~21:00

【ご予約方法】
1.お電話(06-4703-5881)
2.ご来店(スタンダードブックストアあべの店物販レジカウンターへお越しください)
※当店facebookイベントページでの参加ボタンでは、ご予約となりませんので、ご留意ください。

【チケット引換方法】 ※なるべくイベント前日までにお引換ください。
ご来店(スタンダードブックストアあべの店物販レジカウンターへお越しください)

★会場入場にはチケット引換が必要です。

============================
◆プロフィール
阪本光枝(さかもと みつえ)
1988 やきものを学び始める
1997 個人窯を設置
2001 富田林寺内町に移転 「陶工房飛鳥」を設け現在に至る

桑平麻由子(くわひら まゆこ)
「寺内町Classico」・「麻の葉編集室」主宰。
雑誌の取材で寺内町を訪れたこと等をきっかけに2006年から富田林寺内町に関わり、2010年設立の一般社団法人富田林じないまち文化トラスト(じない市実行委員会が前身)に参加。
築130年の古民家を利用した和雑貨店を週末限定で開きながら、美しい日本の町並みが奇跡的に残る富田林寺内町の情報発信・イベント開催を行う。1959年大阪市生まれ。

中川和彦(なかがわ かずひこ)
スタンダードブックストア代表
1961年大阪生まれ。大阪市立大学生活科学部住居学科卒業。1987年父の経営する(株)鉢の木入社、代表取締役就任。2006年『本屋ですが、ベストセラーはおいてません。』をキャッチフレーズに、カフェを併設する本と雑貨の店・スタンダードブックストア心斎橋オープン。2011年に茶屋町、2014年にあべのオープン。本は扱うが本屋を営んでいる意識は希薄で人が集まり、人と人が直接触れ合う場を提供したいと考え、ジャンル問わず様々なゲストを招いてイベントを数多く開催。

北村知之(きたむら ともゆき)
スタンダードブックストアあべの書籍担当








standardbookstore_a at 15:00│Comments (0)clip!EVENT | BOOK
イベント
木製品の魅力に触れる
企画をご用意しました
2016年12月3日(土)11:00~
「スープが飲みたくなる木のスプーン」
のワークショップ&
REMAKE STOOL 受注会

twitter
POINT CARD

10ポイントで、カフェの250円券としてご利用頂けます。
※有効期限は最終お買い上げ日より6カ月間です。(お買い上げごとに更新)
スタンダードブックストア
心斎橋・茶屋町・あべの・もりのみや
全店でご利用いただけます。
FACEBOOK